オラクルカードとは?

オラクルとは、預言・神託という意味です。と言っても、オラクルカードは特定の宗教や宗派のためのアイテムではありません。
誰でも、自分にとっての真実はいつも自分の内にあります。オラクルカードは自分自身の内なる叡智を受け取れるようにするためのツールです。
ですから、特別な訓練や資格などは必要ではなく、誰でも使えるようになる、ちょっとすてきな「お助けアイテム」なのです。

 ⇒おすすめオラクルカードを見る

オラクルカードの使い方

オラクルカードを買ってきたら…

オラクルカードには色々な種類があります。大型書店などではサンプルを見ることもできますので、直感に従って好きなカード、心惹かれる絵柄のカードを選びましょう。
買ってきたらカードの箱を開けて、すべてのカードが揃っているか確認して下さい。
ドリーン・バーチューのオラクルカードは44枚のカードと解説書が入っています。

カードの浄化をします

カードだけを箱から取り出して利き手でない方の手で持って下さい。利き手でにぎりこぶしを作って、カードの背からコツンと軽くたたきます。これでカードが手元に来るまでにくっついた、不要なエネルギーを取り除くことができます。
この浄化方法は時々行うようにすると、常にカードから明晰なメッセージを受け取ることができます。他の人にカードを貸した後も、この作業をすれば自分以外のエネルギーを浄化することができます。

カードにあいさつをしましょう

カードを1枚ずつ見ながら心の中であいさつをしましょう。
この時、これからこのカードが自分のものになるのだ、という静かな喜びを感じながら、「今日からよろしくね♥」という気持ちでカードに触れていきます。
どんな絵のカードがあるのか、わくわくして見ていきましょう。

アファメーションをします

カードを扇形に広げて、絵柄の方を自分に向けてハートチャクラ(胸骨部分)に当てます。そしてアファメーションを唱えます。これはカードと自分の間に神聖な関係を作る小さなセレモニーです。
アファメーションの言葉に決まりはありません。「私はこのカードで行うすべてのリーディングが正確で、すべての人に祝福をもたらすものであることを願います。ハイヤーセルフの神聖なメッセージを明確に受け取れるようにサポートして下さい。ありがとうございます」など、自分にしっくりする肯定的な言葉で宣言します。

リーディングを開始します

これでカードとのつながりができました。さっそくリーディングを開始しましょう。
新品のオラクルカードはアルファベット順に並んでいますので、よくシャッフルして下さい。カードが大きくて手の中で切りにくいなら、テーブルの上に伏せて両手でかきまぜてもかまいません。

▲top

オラクルカードを引く方法

1.質問を考える

リーディングを始める時は、まずオラクルカードに何を聞きたいか、はっきりさせましょう。
なにごともそうですが、良い質問が良質の答えを引き出します。簡潔で明確な、シンプルな質問を用意して下さい。それが役立つヒントのための鍵になります。「○○をしても良いですか?」という聞き方よりも、「○○をしたら私は何を得られますか?」のように、自分の意思を反映した質問の方が、カードから返ってくる答えも明瞭なものになると思います。

2.カードをシャッフルする

質問を心に思い浮かべながら、カードを自分がじゅうぶんだと感じるまで、切ります。

3.カードを引く

切り終えたらカードを引きます。カードの引き方に決まったルールはありません。またオラクルカードは正位置・逆位置は関係ありません。
以下に、実際のリーディングで役立つスプレッドをいくつかご紹介します。

▲top

オラクルカードの並べ方

ワンカードリーディング

ズバリ、欲しい答えを導き出してくれるカードを1枚だけ引く方法です。「今の自分に一番必要なメッセージは?」とか「この出来事の意味は?」とか、あるいは「今日一日のためのメッセージを下さい」とか、いろいろな場面で使えます。カードをシャッフルしている時に1枚飛び出したカードがあれば、そのカードが強いメッセージを持っていると考えられます。

複数の選択肢を比較する

選択肢1・2・3それぞれに対応するカードを1枚ずつ引きます。
カードの選び方は自由です。カードの山を3つに分けて一番上の1枚をめくるのも良し、シャッフルしながら1枚ずつ取り出すのも良しです。選択肢が2つならば2枚のカード、4つならば4枚のカードというふうに、選択肢の数に合わせた枚数のカードを引きます。

過去・現在・未来

非常に使い勝手の良い、さまざまな質問に役立てられるスプレッドです。「今の自分に必要なメッセージを下さい」といった質問でこのスプレッドを使えば、癒やす必要のある過去、または過去に蒔いた種と、現在の状態、そして近未来にどうなってゆくかを読むことができます。未来を読む時には、カードが自分の未来を支配しているわけではないことを覚えておきましょう。今のエネルギーで、創造することに合意している未来はこんな感じですよ、というメッセージなのです。

相性のリーディング

自分と特定の人との相性をリーディングする方法です。「自分」「相手」「関係性」の順番にカードを引きます。このスプレッドは個人と個人の相性だけでなく、自分と会社、自分と学校など、個人と組織との相性を知るためにも有効です。

▲top

カードから深く情報を読み取るには

実は、プロのリーダーやエンジェルセラピープラクティショナー®は、カードを読む時に解説書を使用しません。解説書に書かれているのは一般的な意味で、同じカードでも、質問によってカードが何を伝えてくるかは変わるからです。
カードを引いたらその絵を静かに見つめて下さい。何を伝えようとしているでしょうか? 気持ちを落ち着けて、自然に心に浮かぶイメージを受け取ります。
もしもメッセージがわかりにくかったら、カードをハートチャクラに当てて目を閉じ、カードのエネルギーを感じてみましょう。「もう少しわかりやすくお願いします」と頼んで、補足のカードを1枚引くのも良いでしょう。

リーディングを受ける

エンジェルフォレストでは、ヒーリングとオラクルカードリーディングを受けられるメニューと、タロットリーディングのメニューをご用意しております。よろしければ♪

 ⇒ヒーリング&オラクルカードリーディング
 ⇒透視タロットリーディング

▲top